FC2ブログ

撮影スタイル

前に昔有名だった、元オ××ースのギターの方のライブDVDを作成する事がありました

そして試写会でプロデューサーから言われた一言があります

「これは、音楽映像ではないよ」

えーーーー!と思いましたが

この時はまだ私も売り出し中の時でして(まだまだ映像の深さを知らなかった・・・・)

「安定した画」「拍でのカット割り」に重点を置いて作品作りをしました。

プロデューサーさんもその場の空気をよんだのでしょうか
「記録映像としてはかなり高いクオリティではあると思いますが、これは音楽映像ではないよ」

フォローになってないのですが
言われて私も感じました。

確かに「安定した画」「きれいすぎるカット割り」では
ライブの躍動感とか、この映像を見るお客様が曲にのれるのか

「違う、躍動感感じない、気持ちが乗れない」

何が違う、撮影の考え方が違うんですね

「スタイル」が違うんです
撮影や編集のやりかたが違うんです

これはもうセンスの問題なのでうまく説明ができませんが
物理的な事を言うと、

わざと揺れを使う(気持ちの表現)
一瞬のカット(拍重要)
ズーム(タイミング重要)
感情に合わせてサイズがアップになっていく(曲の意図を理解)

とかですが、まだたくさんあると思います

曲を読み解くセンスと
そのタイミングでのカメラマンの画のセンス、
ここら辺がそろって初めてできるものだと思います

ということは
記録は記録のスタイルがあり
ドキメンタリーのスタイルがあり
演劇でもミュージカルとストレートプレイではスタイルが違うという事

撮影スタイル、研究すると深いなー!!!
スポンサーサイト



虫かごの中のお話

毎年恒例のGREEN MUSICAL「LADYBIRD LADYBIRD」です

今年は2曲も新曲あり、ミュージカル感がさらにアップ

主役も、舞台「花より男子」主演の加藤梨里香さんから田中凜音さんに変わりましたので
その変化もお楽しみ下さい


DVD販売中クリック

第14回えんため大賞優秀賞受賞作「サイコメ」舞台化

20160209085818_00001.jpg
ファミ通文庫 第14回エンターブレインえんため大賞小説部門
≪優秀賞≫受賞作『サイコメ』の舞台化したものです

そのDVD販促用映

脚本は原作者の水城水城さん
演出は、高島紀彦さん
総合演出は、まつだ壱岱さん
公園日:3月2日(水)から6日(日)
会場:新宿村LIVE

アクションてんこ盛りそしてWキャストではなく
Wエンドの衝撃的展開は撮影していてもどうなるのか
ドキドキしていました。

撮影もキャストの動き早すぎで大変でした(笑い)
像です

ストーリー
全員殺人鬼の学園に突然入学させられた主人公
でもそこでは、かわいい子たちにもてもてに・・・

超刺激的、そして小説はまだ続いています

DVD販売はこちら

学生服を脱がさないで=卒業したくない



KENプロデュース主催公演

「学生服を脱がさないで」

学生時代は力が有り余っていたよな、と思い出す作品

そしてこのどうしようかも悩みましたね、ちょうど私の高校の時にバブルがはじけたて
暗黒時代というのもありましたが

この動画を見て高校時代を思い出してみては


DVDも販売中

HaKuA、クリエイター経歴

ざっくりですがわたくしの経歴

SE:システムエンジニア(コボル、デービーマジック、ACCESSとかで会社事務ソフト作成)
建築系(電気工事、型枠大工、金物屋、ディズニーシーの山を作っていました)
ローラーブレードジャパンでインラインスケートのインストラクター(アルバイトみたいな感じでしたよ)

仕事じゃありませんが、
インラインホッケーチーム「等々力ハワイアンズ」を結成したり
等々力公園をホームコートにしていたので毎月1回、等々力公園でクリーンアップ作戦と名売って
インラインスケートでお掃除していました。
それがきっかけで年末に表参道の商工会議所からインラインスケートでの掃除にも協力したこともあります。

いろんな事していましたが

行きついたのが自主映画製作、これを別の仕事をしながら作っていた所

川崎市にあるカルチャースクールから
発表会の総合演出をしてほしいとの要望があり

主催者から
「一つ一つ別々の発表会をするのではなく総合的な一つの作品にしたい」との要望で
各ダンス(フラメンコ、ロッキング等のストリートダンスやゴスペルの歌を映像と演劇で総合演出を担当をする。

やっていくうちにライブの凄さと演劇の面白さを知り

劇団を主宰、作、演出(はじめは出演も)をする。

その時にチラシとかの紙ベース以外の広告以外にも
公演後のダイジェスト映像を配信するサイトとかあればいいのに・・・・、
その動画で役者のレベルや劇団の質や内容等がわかるので観劇しやすくなる。
と思っていました。

それならば「自分で作ればいい」と思い
株式会社ジェネシス、映像事業部から「演劇動画サイト 演劇コム」を運営

時代のながれでユーチューブに配信先を変更
2015年9月から株式会社ジェネシス映像事業からの事業部独立で
HaKuA設立、個人での小回りの良さをいかしての演劇収録に特化
その他にも定番のブライダル、幼稚園や学校のイベント、講演会の収録から
商品説明、ミュージックPVも作成あり

長文を読んで頂きありがとうございます

このブログには沢山の演劇動画があります。
この動画から、演劇ファンに、そして主催者様と共に演劇会が活発になるように
これからも配信を続けます。

プロフィール

Hakua.inc

Author:Hakua.inc
株式会社Hakua(ハクア)
演劇映像に特化した映像制作会社の実績ブログです 

舞台収録(撮影、編集)、ライブ配信、演劇公演、上映会の情報
YouTubeでの「Hakua演劇チャンネル」のダイジェストも配信
当社の舞台収録技術(撮影、編集)はダイジェスト観て、ご検討下さい
HPはこちら
https://www.hakua.pro/

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR