FC2ブログ

アトモス サムライBLAID

引き無人カメラ用のバックアップシステムを構築そしてモニターとしてフォーカスとアイリスチェックもできる明日の収録がデビューです
このサムライはBNCという業務用の端子でロックできるのでHDMIと違い外れにくいのがいいです
一眼カメラは使えないんかな
ただ難点はデータ量が大きいのが残して置くのに大変かも
AVCHDだと良かったのにな
スポンサーサイト



撮影スタイル

前に昔有名だった、元オ××ースのギターの方のライブDVDを作成する事がありました

そして試写会でプロデューサーから言われた一言があります

「これは、音楽映像ではないよ」

えーーーー!と思いましたが

この時はまだ私も売り出し中の時でして(まだまだ映像の深さを知らなかった・・・・)

「安定した画」「拍でのカット割り」に重点を置いて作品作りをしました。

プロデューサーさんもその場の空気をよんだのでしょうか
「記録映像としてはかなり高いクオリティではあると思いますが、これは音楽映像ではないよ」

フォローになってないのですが
言われて私も感じました。

確かに「安定した画」「きれいすぎるカット割り」では
ライブの躍動感とか、この映像を見るお客様が曲にのれるのか

「違う、躍動感感じない、気持ちが乗れない」

何が違う、撮影の考え方が違うんですね

「スタイル」が違うんです
撮影や編集のやりかたが違うんです

これはもうセンスの問題なのでうまく説明ができませんが
物理的な事を言うと、

わざと揺れを使う(気持ちの表現)
一瞬のカット(拍重要)
ズーム(タイミング重要)
感情に合わせてサイズがアップになっていく(曲の意図を理解)

とかですが、まだたくさんあると思います

曲を読み解くセンスと
そのタイミングでのカメラマンの画のセンス、
ここら辺がそろって初めてできるものだと思います

ということは
記録は記録のスタイルがあり
ドキメンタリーのスタイルがあり
演劇でもミュージカルとストレートプレイではスタイルが違うという事

撮影スタイル、研究すると深いなー!!!

プロフィール

Hakua.inc

Author:Hakua.inc
株式会社Hakua(ハクア)
演劇映像に特化した映像制作会社の実績ブログです 

舞台収録(撮影、編集)、演劇公演、上映会の情報
YouTubeでの「Hakua演劇チャンネル」のダイジェストも配信
当社の舞台収録技術(撮影、編集)はダイジェスト観て、ご検討下さい
HPはこちら
https://www.hakua.pro/

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR